職場のフィットネスジムに通ったこと

職場の施設に、フィットネスジムがあり、職員は自由に無料で利用できます。そのフィットネスジムに通ったことがあります。
そのフィットネスジムには、トレッドミルが三台と、階段昇降の動きができるマシーンが二台ほど、エアロバイクが何台か、それと筋トレのマシンと、マットなどがあり、一通りのトレーニングができるので、仕事が終わったあとときどき通っていました。無料なだけあって、三台のトレッドミルのうち一台は壊れていて、残り二台のうち一台はセンサーの接触が悪いのか、キー操作がうまくいかない(スピードの調整がうまくいかない)状態でした。しかし、通っているうちに、キー操作がうまくいかないトレッドミルの操作方法のコツがつかめてきました。また、空調が入っていないので、夏は暑く冬は寒い状態で、窓を開けているので夏は虫が入ってきました。トレッドミルは、使えるのが二台しかないので、あまり独占しないように注意しました。二台とも使用している時間が少なくなるよう、できるだけ一人で走っている状態にしました。このフィットネスジムを利用することで、職場でいやなことがあったりストレスがたまっていても、思いっきり走ったり筋トレすることで、発散できるようになりました。トレッドミルで10キロ以上走ったら、気分もスッキリします。しかし、あるとき靴箱に置いていたランニングシューズを盗まれてしまい、そのフィットネスジムには通わなくなりました。ランニングシューズを盗むような人が出入りしているということは、コインロッカーなども心配です。
今は、新型コロナウイルス感染症の拡大防止のため、そのフィットネスジムも閉鎖されています。ランニングシューズを盗まれるようなことがなく、空調がきいていれば、もっと利用したかった施設です。

初めてフィットネスジムに行ってみた

フィットネスジムには1度だけ体験をしに行った事があります。
日頃運動はメインに行っているのですがその時期は非常に暑くて外を走るには厳しい気候だったので、
冷房の効いた室内にてルームランナーを触ってみたり、色々な筋トレ器具を触ったりしたいというのがきっかけでした。
ルームランナーは外を走る時とは違う感覚だったので楽しかった事を覚えています。
機械の調整は正しく使用すれば強制的に自分を追いこむ事が出来るので、スペースがあれば家にも置きたいなあと感じました。

ただ、最終的には体験だけ行って結局通うまでには至りませんでした。
主な理由としては「通わなければいけない」という意志が自分の中に出来てしまうかなと感じた為、
既に行っている趣味、日々の生活に影響が大きく出てしまうのはあまり良くないと思ったからです。
勿論気候を気にせずにトレーニングを行う事が出来るのは大きな利点であり、フィットネスジムの大きな利点とも考えられます。
しかし、自身が同時期に「リングフィットアドベンチャー」を入手してしまった事もきっかけとなり、
「家庭内でも運動できるので、現状はそれで事足りる」ようになったのが要因です。

それでもフィットネスジムに出向く事でしか出来ない体験が多いのも事実です。
多数の器具に触れたり、しっかりと整えられた設備でトレーニング出来る事は通ってこその体験だと思います。
今後友達が継続して通い始めたりなど、何かしらのきっかけが出来れば自分も継続して通ってみたいと思います。

フィットネスクラブに通って身体を動かしましょう!

新型コロナの影響で、在宅ワークが増えて身体を動かすことが減った人も多いのではないでしょうか?
身体を動かしたいけど、自分で運動するとついついサボりがちに…なかなか続かない…なんて人もいるかと思います。
そんな時は、フィットネスクラブに行くのはいかがですか?

そもそもフィットネスクラブとは、どういうものを指すのでしょうか。
一言で言えば、「幅広い人が様々な目的で利用できる複合施設」です。
施設内にはトレーニングマシーンだけでなく、スタジオや屋内プールなどいろんな設備が整っています。
そのためトレーニングを行うのはもちろん、運動不足の解消やリラクゼーション、シェイプアップなど多種多様な目的のもと利用できます。
このようにさまざまな目的で通えるので、子どもからお年寄りまで幅広い人たちが活用しています。
またフィットネスクラブは会員制であることが多く、インストラクターが常駐しています。
目的に合わせてトレーニング計画を立てることも可能です。

私の友人の話なのですが、彼女は仕事上パソコンを使うことが多く、一日中パソコンの前に座りっぱなしということも多いのだそうです。
そして休みの日は家でのんびり過ごすことが多いため、運動不足の日々…。
このままでは体力が落ちるばかりでよくない!と思い、近所にあるフィットネスクラブに通うことに決めたそうです。
フィットネスクラブに通い始めてから、仕事中に悩んでいた肩こりや腰の痛みが徐々に軽減されたと言っていました。
運動不足の解消と同時に、仕事のストレス発散もできて良いことずくめなので、通うのが楽しいようです。

身体を動かしたいと考えているなら、はじめはお試し体験からでもフィットネスクラブに行ってみましょう!

パワーヨガで体ポカポカ・心スッキリ!

レッスン受け放題の地元のフィットネスジムで、ヨガやストレッチにはまり、時間と体力が許す限りレッスンを受け続けた時期がありました。
初心者用のヨガから始め姿勢や呼吸を調える骨盤ストレッチ、そして発展編のパワーヨガ。どのレッスンも楽しかったのですが、とりわけ心を鷲掴みにされたのが、パワーヨガです!
椅子のポーズ、上向き犬のポーズ、下向き犬のポーズ、戦士のポーズといった楽しい名前のポーズを「太陽礼拝」という名の一連の流れに沿って繰り返します。この時大切なのが、呼吸を意識すること。ポーズに気を取られて忘れてしまいがちですが、先生が絶妙なタイミングで「呼吸を意識しましょう!」と声をかけてくださるので、集中して呼吸を整えられるようになります。これにより、体全体のバランスが整っていくのを実感できるのです。
また、このヨガは筋肉を思いきり使うポーズを連続で行っていくので、なかなかハード。たとえばお尻を突き上げ手と足の裏を床についた姿勢をキープする下向き犬のポーズは、つま先立ちなら楽にできますが、かかとまで床にぴったりつけるため、足全体のストレッチ感がすごい。さらに、足一本で静止する鷲のポーズなど、かっこ悪くグラグラしてしまうポーズもありました。でも大丈夫、初心者ですから。いつかはかっこよくできるようになると、自分を信じるしかありません!
そして、ハードな流れの最後には、部屋の明かりを落として床に寝そべっての瞑想タイム。呼吸を整え、深くリラックスできる極上の時間です。これがあるから、ハードなポーズを乗り越えられた…多分ハード&リラックスのギャップに私はひかれたんだと思います。日常生活では、なかなかできない体験ですね。
レッスンの後は、体幹がしっかりし、血のめぐりがよくなって体はポカポカ。心スッキリ。これは、快感。一生続けたい!と思っていました。このように、フィットネスジムは、多くのレッスンから自分にぴったりのものを見つけられるのが魅力ですね。今はコロナ感染防止のため、残念ながらジム通いはお休み中ですが、コロナ問題が解決した暁には、ぜひ再開して、新しいレッスンにも挑戦したいと思っています。

中年太りで体を動かしたくてフィットネスに入会してみた。

カーブスが、フィットネスジム・フィットネスクラブになるか分かりませんが、入会して2年半くらいになります。お年寄りが多いので中年の私でも若い方に入ります。同じ様な年代だと集中して出来ないので私には丁度いい感じです。黙々と出来ます。機械みたいのを使って腰を左右に回したり足を左右に広げたりなどまだ何種類か機械はあります。普段引き締まりにくい所の筋肉も鍛えられます。徐々にではありますが。30分だけなのでやり過ぎず少し物足りないくらいがちょうどいいのかもしれません。不思議と初めは余り感じませんでしたが体の中がポカポカしてきてきました。水をいっぱい飲んだ方がいいらしいですが500m?飲んだほうがいいらしいですがとても飲めません。半分も飲んだらお腹がいっぱいになってしまいます。最初の7ヶ月くらいは1キロくらいしか痩せなくて辞めようかとも考えましたが自分で体力作りをすると途中でなまけてしまうので頑張って続けてみようと思い続けてみました。1年経ったら5キロくらい体重が減ってきたので嬉しくてジムの人も一緒になって喜んでくださり余計やる気が出て来て1週間に1回~2回通っていましたが2回~3回通うようにしました。もちろん自分でもお菓子を辞めたりカクテルを毎日のように飲んでいたのを1回にしたり夜9時以降もお菓子とかを辞めました。それもあるかも知れませんが、2年で10キロ減りました。元が太いのでまだ何年かかるか分かりませんが標準体重になるように筋力をつけながら野菜とか体にいい物を食べてただ体重を落とすだけじゃなくきれいに痩せたいと思います。筋力もつけながら。

初心者でも安心して始められるからおすすめ

ジムというと、筋トレをバリバリする男性が通うところというイメージが強かったです。しかし最近では女性も筋トレをしている方が増えていたり、テレビでも有名なトレーナーが女性で興味がありました。
そこでジムも増えてきたということもあって、ちょうど家の近くにオープンしたので体験してみる事にしました。運動はあまり今までしてこなかったのですが、身体を動かすことは嫌いではありません。

むしろこれをきっかけに、筋トレをして腹筋の立て割れが欲しいと思うようになりました。
自分で運動をするとしても、ランニング程度しかしていなかったので、筋トレで筋肉を作るというのがテーマで入会しました。
プライベートジムではありませんがマシンの使い方などは教えてもらえるスタッフがいて、初心者でも心配はいらないです。

体験したときにロッカーの使い方からマシンの使い方まで色々教えてもらって、スタジオメニューも体験できました。とても楽しくて初めてだったし一人だったけれど、ここなら通えると思いました。その日のうちに契約をして今も通っていますが、すこしずつ筋肉がついてきたのが自分でも分かります。特に鍛えたかった腹筋ですが、女性なので6つに割るのは難しいと言われましたが、なんとか縦の線は見えるようになってきました。

水着を着る時にたるんでいたので今まではビキニは避けていましたが、今回の夏はお腹が綺麗に仕上がってきたのでビキニが着られるかもしれません。

変わらないのがいい!

初めてフィットネスクラブに通いエアロビクスを始めたのは23歳の頃だ。会社員になり、給料を貰うようになったことで、美しいボディ作りをしようということになり通い始めた。明るいリズムやビートに乗り、耐久レースのようなエアロビクスのクラスから始まっていた。ダンスのクラスが楽しいと思い、発表会などにも参加した。会社を辞めてからは、転々といくつかのフィットネスクラブに通った。それほど長くは続かないのだが、ダンスクラスが増え、ヨガや太極拳のクラスなど次第に多彩になっていった。バレエのクラスやゴルフの打ちっぱなし、オートテニスやボルダリングなど館内でできることが増え、充実していったように思う。23歳の時にパリのオペラ座のバーレッスンから落ちていなくなったはずだよ!と述べる女の子は、未だに紫がかったピンクのバレエ用のスカートと黒いカシュクールを水戸黄門の印籠のようにかざしていた。バレエを続けているのか、或いは鬼籍に入り幽霊だから未だに離れないのか。パリオペラ座で本当にレッスンを受けるならいざ知らず、そんなことで消えていく人なんているだろうか?と考えていたが、やはり後から何人かの人が同じようなことになったという。最新機器のトレーニングジムでは、記録ボタンを押し記録したつもりだったが、次の回に確認すると消されてデーターを呼び出せなかった。消えていく運命!と落ち目のスターに言っているものと思っていたのだが、けしてしまうのか!?

人生初のフィットネス!

運動不足だが、走ったり筋トレするのはめんどくさい…そんなことを思っていた矢先に、近所にフィットネスクラブができました。
お値段は7000円ほど。自分にとっては痛い出費だなあ?と思いつつ、周りに比べたら安いのに充実しているとの噂を聞き、思い切って行くことにしました。

まず最初に思ったのは、意外と初心者のハードルが低いこと!クラブというからには、ガチガチにやってる方が多いと思いましたが…全然そんなことはありませんでした。男女関係なく、運動不足の解消を目的に気軽に来ている人が多いようでした。
また、最初はトレーナーさんがついてくださり、自分の要望に合わせて様々なプランを用意してくれます。トレーナーさんの指導を受けるだけで、自分がどんどんレベルアップするのが実感でき、また次も頑張るぞ!という気持ちになれます。
続けて行くと、体重が落ちるのはもちろん、火曜楽しみもでき、クラブで仲間ができました。最初は体重を落とすだけで7000円は高いかな…と思っていましたが、今はこれだけ充実するなら安いくらいだと思っています。

施設ですが、ランニングマシーンやベンチプレスなど、基本的なものが設置してあります。ドリンクは飲み放題なので、持って行く必要がないのがありがたいです。
定期的にヨガやストレッチのイベントも行っており、続けて通っていても飽きません。

もし通うのに迷っている方がいたら、まずは体験だけでもお勧めしたいです。なんか違うな、と思えばやめれば良いです。まずは行って体験してみること。今の自分なら、行く前の自分に「早く行きなさい」と声をかけます。
悩んだら即行動!これもフィットネスで自信を得たお陰かもしれませんね!

フィットネスジムに通うことは自分にとってプラスでした

フィットネスジムに行くきっかけとなったのは、通っていた友人のすすめがあったからです。以前からずっと興味はありましたが、なかなか機会がなくて行けずにいました。友人が通っていたのは良いきっかけだったと思っています。

手続きはわりとシンプルで、スムーズに完了しました。入会金は比較的リーズナブルで、利用料もほかのジムからすると安かったのではないでしょうか。

学生時代はずっとスポーツをやっていて、体を動かすことに抵抗はありませんでした。何をやるにしてもすんなり入れたという感じです。しかし何年かハンデがあったので運動をしたあとはバテました。友人の前では平然なふりをしていましたが、ほんとうはかなりクタクタです。ガタがきていることをヒシヒシと感じていました。

運動をした後のドリンクタイムは、もう最高です。「こんなに美味しかったっけ」いつもは普通に美味しいと思っていたものが、すごく特別なものに思えました。

設備は整っていたと言えるでしょう。お手洗いも最新だったし、パウダールームもナチュラルで女性に受けそうな雰囲気、温かみのあるウッド調にホワイトを組み合わせたオシャレなインテリアで居心地が良かったです。のびのびできるので、ついつい長居したくなります。

通ってから特に大きな変化はありませんでしたが、自分のライフスタイルのプラスになったと思います。健康を意識するようになり、その流れで体に良いものを取り入れるようになりました。

ストレス解消にはフィットネスジム

大学時代の話ですが、私はフィットネスジムに通っておりました。通った理由としてはガリガリ体型なので筋肉つけて、女性にモテたかったからです。プールやスタジオが完備されていたのですが、私はもっぱら筋トレをしておりました。家で筋トレをするよりもやはりフィットネスジムにはとてもメリットがあると思いました。
メリットを紹介させて頂きます。
1.モチベーションを保てる
一人で黙々と筋トレをしていても相当根性がないと続きません。
しかしながら、フィットネスジムですと、同じ志を持った方々がいますので、自分も頑張ろうという気になれます。
2.シャワーに入れる
これはジムでランニングマシーンを使って汗をかく人によいです。
帰りにサクッとシャワーに入れるので水道代の節約になります。
3.健康的になれる
フィットネスジムは月額のサービスですので、お金を払うわけです。
お金を払っているわけですから、強制的に運動しようという気持ちになれます。普段、運動する習慣のない方は是非、フィットネスジムに行き、強制力を働かせてみてはいかがでしょうか。
5.ストレス解消になる
これが1番のメリットかもしれません。
ジムでベンチプレスなどやると必死になるので嫌なことも忘れてしまいます。
大学時代は社会人である現在よりも、ストレスが多かったので、だいぶジムでの筋トレに救われました。

メリットを紹介したので、次はデメリットを紹介致します。
デメリットはお金がかかることくらいです。
私が通っていたジムは月5000円でした。大学生の私には痛い出費でした。

フィットネスジムについて書かせて頂きましたが、私は通ってみて筋肉もつき、健康的になりました。
通ってよかったと思っています。