床下が水浸し!どうして対応してくれないの!?

数年前に、築40年の1LDKのアパートに住んでいた時の話です。リビングで静かにくつろいでいると、ポタポタとどこからともなく聞こえてきて、風呂場とキッチンの間あたりから聞こえてくるようでした。しなくなったかなと思っても、数日経つと、また聞こえてくるという状態だったので、大家さんに相談しました。すると、大家さんと大家さん馴染みの修理担当の方がいらっしゃいました。床下の点検口を開けると、素人の私が見ても明らかに床下が水浸しで、とても驚きました。しかし、さらに驚いたのは、大家さんと修理担当の方の対応で、二人は大量のタオルを持ってきて床下に敷きはじめました。そして、「これで大丈夫でしょう。」の一言で帰ってしました。私は、あまりにも当然のようにその対応をされたので、とても疑問ではありましたが、その時は受け入れてしまいました。しかし、その後で、水漏れしていたら水道代も馬鹿にならないだろうし、いつか床が抜けてしまうのではととても不安でした。その後、何度か、大家さんに問い合わせるともうすぐ対応しますからの一点張りで何もしてもらえないまま日々が過ぎていました。しかし、それから数ヶ月経ったある日、突然老朽化のためにアパートを取り壊すことになりましたので、引越してくださいと言われました。その時に、あー取り壊しが決まっていたから、あの対応だったんだなと納得しました。しかし、取り壊しが決まっていたならそれはそれでそれ事実を告げてくれればよかったし、ポタポタ音の中で過ごした私のストレスフルな数ヶ月は何だったんだろうと、怒りと呆れと少し安心を感じる出来事がありました。

1時間で駆けつけてくれ、10分で水漏れを直してくれた

キッチンで皿洗いをしていると、足元が冷たい感覚がして見てみると、シンクの下から水漏れしてきていることに気付きました。皿洗いしていたので蛇口の水を止めても、シンクの下から水が止まらなかったため、すぐに地域にある水道屋さんに電話で連絡しました。 すると、1時間ほどで駆けつけてきてくれました。事情を話すだけで、ある程度原因がわかったようですぐにキッチンへ行ってくれ、修理が始まりました。シンクの下に潜って、10分ほどしたら水漏れが収まっていました。 水漏れした原因を作業員さんに聞くと、シンクの下にあるパイプから水漏れしており、パッキンが劣化していたようです。そのため、修理はパッキンだけの交換で良かったので、思っていたよりも料金が安く済んだので良かったです。 ネットで調べていると、キッチンの水漏れでかかる費用で、「5万円近く」かかるようだったので、今回はパッキンだけの交換で済んだので、「1万円程度」で収まりました。 忙しい中、緊急で電話したにもかかわらず、すぐに1時間程度で駆けつけてきてくれ、状況を聞いただけですぐに対応してくれ、パパッと10分で水漏れを解消してくれたのでとても良かったです。 それからはなにか水のトラブルがあると、その地域の水道屋さんを利用するようになりました。素早い対応で、作業員さんも丁寧なので気に入っています。築年数が経ってきているので、水のトラブルが多くなってきているので助かっています。

洗面所が大量の髪の毛によって詰まってました!

県営住宅の賃貸に引っ越したときに、前の人がちゃんと一年に一回の配管掃除をしていなかったのか、はじめから水回りが臭かったです。 洗面所で水を流すとゴポゴポいって今度は洗面所がつまります。中を掻きだすとなんと大量の髪の毛が出てきて本当に気持ち悪かったです。 少し水を流すとすぐに詰まる、そして臭い・・・。精神的に辛くなってしまい洗面所を使うのが本当に嫌でした。 洗面所が詰まっているからなのか、お風呂場も臭いんです。もう本当にげんなりしたのを覚えています。 業者を呼んでもよかったですし、県営住宅だったので市役所に行ってもよかったのですが業者はお金がかかるし市役所は時間がかかりそうだったので、自分でなんとかしようとおもいました。 いろいろ調べてみると、パイプユニッシュの業者が使うようなもっと強力なタイプがあるとネットで見てそれをネットで購入してみました。 ちなみにその業者用のパイプユニッシュは薬局では売っていません。それだけ強烈タイプなのです。 買ってすぐにキッチン、お風呂場、洗面所と流しました。そのまま10分ほど放置して洗い流すと書いてあったので、念のため30分放置して洗い流してみました。 すると!ゴポゴポ!!!とすごい音を立てて勢いよく水がしっかりと流れたのです。これには驚きでした。 お風呂場もキッチンも一瞬で直りました。業務用すごすぎます。 それからはお守り用に一本は常に常備して水回りが詰まったときにすぐに対処できるようにしています。

 

洗面所 修理

トイレのつまりを修理してもらった

夜中によくトイレを使うことがあり、そのときも使うことにしました。ところが使用後に流した時に、ちょっと流れが悪いことに気づいたのです。何か詰まっているのかなと思ったものの、夜なのでそのまま様子を見ても流れるかも知れないと安易に考えていました。

ところが、朝になりトイレの水が完全に詰まっていることに気づいたのです。朝はトイレをみんなが使うので、どうしようと真剣に困ることになりました。私がそのことに気づいたのは、朝の6時です。困ったと思うもののなんとか修理をお願いできないかと水道修理専門のところを探すことにしたのです。その中のひとつのところは、時間外でもしているところだったのでそこに電話をしてお願いできないかと依頼をしました。すると、困っているだろうからとすぐにきてくれることになったのです。本当に困っていたので、とても助かりました。
修理をしてもらった結果、なんとボールペンなどが詰まっていることがわかりました。それらはそのままポケットに入っていることに気づかずに使ったんですね。トイレのつまりがなおり、ホッとしたことです。夜でも修理をしてくれるとのことなので、また困った時にはお願いをしようと思っています。自分でしようとも考えましたが、友人が自分でしていて、より詰まってしまったことがあったと話を聞いた事があったのでしませんでした。やっぱりトイレつまりなどは、専門家に任せることが一番いいと思っています。

悪天候の中、ありがとうございます!

あいにくの空模様! 湿気が強く、雨の日がしばらく続いた。 ふと、窓を開けると、ベランダの雨水がはけていかない! どうやら、排水溝のつまりらしい… 先っぽの尖った細い棒で突っついてはみたものの、一向に排水溝から流れていかない雨水。 どうしたもんだか?と考えつつ、部屋に戻ってテレビをつけると、なんと運が悪いことに、明日は大型の台風が接近するとのこと! 「これってヤバくね?」と思いつつも、そのままの状態で放置した私。そして、翌日を迎える… その日は朝から天気が大荒れ! 降りしきる雨! ベランダにどんどん溜まっていく雨水! しかも、お天気予報ではお昼頃に台風が最も接近するとのこと! マジでやばい!とその時、ことの重大さに初めて気づいて、業者さんに連絡しました。すると、突然の依頼と、こんな悪天候にも関わらず、快くこちらの助けを引き受けてくれる水道屋さん。 もう、感謝しかありません。 連絡してから70分後に作業員さんがずぶ濡れになって到着し、そのまま作業に取り掛かってくれました。 滝のように降り続く雨! びしょ濡れで一生懸命に作業してくれるスタッフさん! その姿に、申し訳ない気持ちと、なんか胸から熱いモノが込み上げてくるような、感動さえ覚えました。 作業員さんの懸命の作業により、無事に危機を回避! 本当に助かりました。 もし、水道屋さんに依頼していなかったと思うと、ゾッとしてしまいます。 急な依頼や、どんな悪環境にも対応してくれる水道業者さんはとっても頼りになる存在です。

自信をもって水漏れを修理しようとした私の悲しい結末

“家のリフォームをして浴室をユニットバスにしました。従来のタイル張りの寒々しく薄汚い浴室から清潔感あふれるホテル並みの浴室へと変貌しました。それから、5年余り経過しました。2年前からこの清潔感を維持するために毎日、朝浴室掃除をしています。そのせいで、毎日快適な風呂を享受しています。とにかく、樹脂の部分は付着物を除去し、水洗いし、拭き取り、最後に乾拭きします。金属部分は、乾拭きし、磨き、光沢を出しています。ですから、掃除完了から入浴するまでの間、我が家の浴室は輝いています。
ところが、ある日、風呂に水を張ろうとして浴室に入った途端驚きました。床に2か所水溜まりができていました。半径5㎝くらいの円形でした。よく見ると、一つは洗い場の混合栓の真下。もう一つはシャワーヘッドの真下でした。明らかに混合栓の蛇口からの漏水です。止め切れていないから蛇口とシャワーヘッドからぽたぽたと水が漏れていたわけです。すぐに、パッキンの劣化だと判断しましたが、、締めが甘いかもしれないとプラスドライバーを持ってきて締めようと試みましたが、何せ下向きについているせいか力が入りません。そのうち、締めるのはどちら回しかもわからなくなってしまいうまくいきませんでした。幸い、金物が六角ナットだったのでインパクトを持ち出し締め付けました。手の加減でこれ以上締めたらまずいというラインを感じ取り締め付け十分なのかも判別できず終了しました。
これで漏水が止まれば締め付けが甘かったという結論です。しかし、その期待は一時間もしないうちに裏切られました。少し量は減ったように思いますがまだ漏水しています
やはり、パッキンだなと、市販のパッキンを買ってきました。準備オッケイです。水道のメーターわきにある止水栓を「閉」にしました。家族全員に「しばらく水が出ない」「トイレが使えない」おふれを出し素早く作業しないと家族からブーイングが出る恐れを抱きながら取り掛かりました。インパクトでナットを緩めナットが外れました。次の瞬間唖然としました。パッキンの大きさが全然違うんです。私が用意したパッキンは単水栓の普通の蛇口に付けるパッキンであり、今必要としているパッキンはそれの倍くらいありました。とりあえず、断念しました。元通りにしました。水栓を「開」にして水道は復旧しました。
大騒ぎしている割に現状の不具合は何ら改善されていません。いったい私は何をしているんだろう?
結局プロにお願いして数分の作業で漏水は止まりました。また、清潔で乾いた浴室が還ってきました。
私の気持ちも知らず「風呂の洗い場に水が多少こぼれたって何の支障もないんじゃないの」と囁く家族の声が背後から聞こえます。”